FC2ブログ

梅山税理士法人 女性スタッフブログ

滋賀県草津市で事務所を構える梅山公認会計士・税理士事務所の女性スタッフのブログです。

明日から7月です♬

こんばんは!!
今日で6月が終わって明日から7月ですね🌟
ちょっとずつ暑くなってきてますね!
みなさん、夏バテにはお気をつけ下さいね(o^^o)



そんな私は
夏バテに負けない為に体力作りへの第一歩で、
バドミントンを始めてみました(`_´)ゞ
(※本当はお腹を凹ます為です)





地元の市民センターを借りて、
2時間ガッツリです♬




脚に青たん作りながら
必死でシャトルを打ちまくりました!!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( >◻︎<)┘






必死になりすぎて
打つ時ずっと口が開いてることにも
気づいてませんでした。(゚O゚)





終わった後みんなでアイス食べました。
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪






あ!!∑ (╯•ω•╰)






アイス食べちゃった…_| ̄|○






お腹を凹ますはずだったのに…







楽しかったので良しとします!!

ふるさと納税

平成27年4月1日に税制改正が行われて、
ふるさと納税を利用する人が増えたのではないでしょうか。

私も以前から、ふるさと納税という存在は知ってはいたものの、
方法がよくわからず、利用していなかったのですが、
友人の強い勧めもあり、昨年、ふるさと納税デビューしました!

最初は、ふるさと納税のサイトを開いてみても、
あまりにも自治体と品数の多さに、
何を選択すればいいのかさっぱりわかりませんでした。

まずは出身地と居住地に納税することに・・・。

そうすると、必ず最後に聞かれるんです。
その自治体での使い道を。

ささやかながら地域振興に役に立っているのかと思うと、
少し嬉しく思いました。

そう、ふるさと納税というと、
お得にお礼の品がもらえるというイメージがあったのですが、
あくまでもその自治体への寄付なんだと、
再認識させられました。

そこで、昨年は、東日本大震災や、台風による河川の氾濫での
被災地などにも納税しました。

今は、ふるさと納税制度を活用して
熊本・大分地震の被害を受けた 自治体への寄付を募っているようです。
私も早速、寄付させていただきました。
被災地の一日も早い復興を心より願っております。



春!

春がやってきました。

4月から一部の原材料、商品の値上げや、電力の自由化など私たちを取り巻く環境が少し変わります。

そして私の体内環境も変わりました。

そう!今年は花粉症に苦しんでいないのです!

毎年この時期は憂鬱でしかなかったのですが

快適な鼻どおりとさわやかな瞳で過ごせそうな気がします。

突然治るってこともあるのでしょうか。

油断していると来年苦しみそうな気もしますが 笑

とのことで

今年は挑戦の春!新しいことをはじめたいと思います。(まだ考え中)

とりいそぎ 

花見を楽しみ、お酒を嗜み、団子を食べて、寝る。

こんな夢のような休日を過ごせる日がくるなんて本当に幸せです。

早速、いつ実行するかとカレンダーとにらめっこしていたところ

ちらっと見えた「健康診断」という名の赤い丸印。

はい。

食べて寝るなんてとんでもない。

健康第一でございます。

入会してまだ全然行けていないスポーツジムに足繁く通って

頑張りたいと思います。

~M~












あ~ 深い後悔

いつもなら夫に頼んでいた電球替えを自分でしてみました。
脚立に乗ってコワゴワと・・・
というのも、先日の続きですが、ぼっちになってしまった時、こんな事くらいできなきゃ、やってみよ!と挑戦してみました。
意外と簡単にできるもんだと夫に報告したら、「やればできるんだって!」と
今までただやりたくないから、できない事にして頼んでただけ。

先日、高い所の物を取ろうとして、これもいつもなら夫に頼むんですが、やればできる!ぼっちになったら自分でやらなきゃいけないんだと思い、調子にのって踏み台を出し、もう少しで届く!!と思った矢先・・・
踏み台が滑り、ハデにこけてしましました。
アバラを強打し一瞬呼吸が止まったような、内臓破裂したかと思うほど痛くしばらく声も出ませんでした。

あー やっちゃいました。
翌日は一日中動けず私、置物になってました。
家の事も自分の事も何もできず結局、家族に迷惑かける羽目に・・・
余計な事しなきゃよかった。深い後悔
そして、以前から気になっていた長く伸びた足の爪、靴下はくたび「明日切ろーっと」と思っていた矢先のケガ・・・切っておけばよかった。
これも深い後悔。切れないと日に日に切りたい思いが募るばかり・・・
仕事もそうですが、思い立ったが吉日、その時にやらなければ「明日やろー」って、ダメですね。必ず元気な明日がくるなんて保障どこにもない。明日できるとは限らない。
と、今はそう思いますが、喉元過ぎれば・・・どーでしょう??

やればできる、一人でできるもん!
心身ともに元気でいる事が基本?
笑っちゃいますね~。本末転倒、こんな結果になってしましました。

事務所のみんなに絶対病院行った方がいい!といろいろ脅され、そこまで言われると私も、あれだけ打ったら骨がボロボロに砕けてるんじゃないか、という気になり年もいってるし完治までかなりの日にちがかかると覚悟して行ったんですが・・・

はいっ!どーっこも異常なし!アザですらできておらず、ただの打撲、1週間もすれば治りますよ!と言われ
はぁ拍子抜け
これにも笑っちゃいます。

脚立に乗るほどの高さは慎重になりますが、踏み台ほどの中途半端な高さは油断します。

あれから1週間
だいぶ痛みも治まり、できなかった事が少しずつできろようになってきました。
まるで子ども・・・
これじゃなかなか独り立ちなんて無理かも・・・

               ~ R ~






我が子が成人して思うこと

自治体によって日にちは違いますが、この三連休はどこも成人式でしたね。スーツや着物姿で歩いているのをあちこちで見かけました。
草津市は11日で、うちの不届き者の二男も無事成人式を終えました。

我が家には今年26歳になる息子と25歳になる娘もおり、これでみんな成人したわけで、周りは「これでやれやれだね」といいますが・・・

子どもの頃は「何してるの!」と叱ってばかりいたのに、今じゃあ「お母さん、何してるの!大丈夫?」なんて娘に言われ
「おか~しゃ~ん、この蓋あけて~」と言っていた息子に今じゃあ私の方が「硬くて開けられない」と頼む始末で
逆転してしまい、小さな事ですがそれが頼もしくもあります。

思い起こせば
乳離れから始まり、オムツがとれ、保育園に入り学校へ行く頃には心配事も減るだろう、1年ずつ過ぎていくたび私も少しは楽になるだろうって毎年思っていたような気がします。
でも大きくると手はかからない代わりに、好き勝手する、こっちの言い分はきかないくせして自分の主張ばかりする
と、我慢の連続だったような・・・
そんな反面、少しずつ成長していく子どもたちに、喜びや幸せも大きく感じていました。

もっというと、三人とも成人すれば、もー心配ないわ!ぐらい思っていました。あの頃は・・・
ところがスットコドッコイ
そんな我が子も全員大人になり、これで安心!のはずだったのに、心配や不安はさらに大きくなったように思います。
いろんな意味で今度は人生にかかわってくるといいますか・・・

じゃあ結婚でもして私の手元から離れれば安心だろうか?
いやいや、それはそれで・・・
きっと私の事だから、できの悪い我が子の事たなに上げ相手が気に入らないとか言ってそう
自分が結婚するわけじゃないのに・・・
ちゃんと生活できるだろうか、幸せだろうか、出戻りなんてことになったら
いや出戻りどころか、結婚できないって事も考えられる、うちの子なら・・・それも心配
彼女を連れてこれば「いらっしゃ~い」と言いつつ、あれはないな!と心でつぶやく
車で出ていけば事故を起こさないかと救急車の音が聞こえるたび、まさか!と思う。

一生心配し続けるのが親の定めなんでしょうか

自分の事だけ考えて生きていけたら気楽だろなぁと思う反面、でも・・・
いざみんな出ていってしまったら私はどーなる?
まさかの、ぼっち?もはや夫はいないテイになってますが
う~ん 悩める年頃・・・

なんて思ってる私は、結局子離れできてない?はたまた我が子の事が信用できないって事か?
いや違う!
どんな事になっても受け入れる覚悟ができない、結局自分の心配なのかも・・・
そう!何をかくそう勝手なのは、この私!

最近は自分の方が独り立ちしなきゃなんて思います。
一人でも生きていける力をつけよう!できる事は頼らず自分でやろう!
あくまでも夫はいないテイですが、どのみち最終一人になるんですから・・・
と、私の方が長生きする予定

まずそのためには当たり前ですが、基本中の基本、自分が心身ともに元気でいることが大事ですね。心配してる場合ではないです。
この当たり前で基本的な事が意外と難しい年頃になってきました。

続く・・・

                                   ~ R ~